∥Poembar∥click!∥
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
イッキミナイトの感想を 今頃書く私です。 こんばんは。


感想って言っても、前編・後編 LcWの映画の内容は、すでにご存知の方が多いですから
個々の作品についての感想は 

「もう、いいでしょ~~~~~?!」って事で。

今回は通して一気に見る事で生まれた感想を書きたいと思います。

って当たり前か!!

ちょっと辛口です。
前編・後編 LcW を一気に見てまず思った事。

前編&後編の作品の完成度が高いという事。
その後に見たLcWがあんなにも大規模なセットやロケをしてるのに、内容があっさりに感じた事。

前編の松Lから後編の松Lは 撮影期間があまりあいていないのにも関わらず、飛躍的な伸びでした。
それは上映時に劇場で見た時と同じ興奮でした。
演技も、Lになりきってる様も、文句の付け所がないくらい。

で、全部の松Lと比べると やっぱりLの最高峰は後編だった

あの体つき、メイク&ヘア具合、目だけの動く表情や
歩く姿勢、座った時の足の角度、お菓子の食べ方や紅茶のカップの持ち方の細部に至るまで
全てが Lで 松Lでした。

当たり前なんだけど、それを再確認したんですよ。

体つきで特に注目したのは
男性で20歳前後までにしか見られない、首から肩にかけてのライン。

緩やかな弧を描く、あの中世的なラインは 
もともと猫背気味で、でも運動神経抜群の松ケンだからある、 体の芸術ラインだと思ったんですね。

ガリガリに近いほど痩せてて、 なのに<柔軟な筋肉がある>Lの特徴を
「上手くあの首ラインが表してるよな~~~」と 劇中のLを見ながら何度も思いました。

ガリガリのように痩せてるのに、柔軟な筋肉がある これが大事で、松ケンにしか出せない

あのラインは、鍛えちゃうと元には戻らないんですね。特に男性は。
鍛えなくても思春期を終え,男らしい体つきになってくると、
<緩やかな弧を描くライン>から徐々に遠ざかるんです。
骨太になってきますしね、痩せてても。

だから、あの時期にL役を出来たのはある意味、一生の財産だと思ったのです。

LcWを見ると、それが明確に分かります。
一時期よりかなり痩せたけど、あの芸術ラインにはなりませんでした。

睡魔と闘いながらある役者さんの話を思い出しました。
「一生に一度、お客さんが<好きだ!>と言ってくれる役に出会えたら、
その役者がどんな形で消えても心に残る」
「本来の役者冥利は、役者を見て役名で呼ばれることだ。」だと。

「松ケンはあの若さで それを経験したんだよな~」と想うと感慨深いものがありました。
本人は今、どう想っているか分かりませんが
松ケン=L役 の方程式は これからも残るでしょう。
それは敬愛の意味を込めて。
初めてLを見てから2年経った今でも、色褪せる事無く誇らしく思えます。

劇場で見ると何故にあんなに気持を投影してしまうんでしょうね。
何度も見ているデスノート後編の、あの笑顔でまたもや私の涙腺が緩んでしまいました。

夜神パパが敬礼してるのを見たら、劇場で最後に見るLに
私も心の中で敬礼してました。

さよならL。
ありがとうL。
 と呟いたかどうだか(笑)

その余韻が続いてる状態でLcWのオープニングですよ!!
ワタリが亡くなるシーンまでは 涙の線が頬を行ったり来たり状態でした。

で、ワタリが亡くなった辺りから 睡魔に襲われる・・・・と。
あ、この自分、予想通りの展開でした。



LcWの内容を、実は私、認めてないんですよ。←なにこの上から目線。
Lは良かった。
LはLのままでした。

でも内容は「???」が未だに拭えない。

<金子監督が作ったデスノートを、リスペクトしながら別のものを作りたい>という心意気は分かる。

だけど、それと「映画の完成度」って違う事だと思うんです。
金子監督はあえてカラーを出さなかった。
それであれだけの完成度で、狂気的ライトも夢魔的Lも 恐ろしいぐらいの完璧度だった。

私はこのシリーズの映画には「あえて監督のカラーを出して欲しくない」と思いましたね。

LcWの感染症のグロしかり、バーン!ドーン!しかり。

あの内容じゃなくても「Lの、Lが想うだろうChangeの仕方」は、もっとちゃんと描けたはず!!

イッキミ!で見て改めて思いました。


映画の中でのキーマンは三人も四人も要らない。
むしろもっと少人数だから生きる場合もある。と

デスノがまさにそれでした。

LやLの周りに取り巻く人との心理描写や 頭脳の攻防戦 
猫背の姿勢から繰り出される、恐ろしく破壊力のあるカポエラ
心の何処かが Change されたとしても それを人に悟られる事無く散っていく。
今の松ケンの持つ全ての力で描写された内容で見たかった。


それで後編のあの数秒の笑顔を繰り返し思い出すような。
Lの最期を想って、泣けるような。


そういう Lを 松Lを 私は見たかったんだと 改めて認識した、
イッキミ後の朝でした。



スポンサーサイト
ken.
肩から首にかけてのライン、そうなんです。私も思ってました。「L再起動」と劇場で見た時すごく楽しみにしている自分と早く撮らなければ成長してしまってあの独特の少年ぽい身体つきが出せなくなってしまうと心配する自分がいました。なのでエンターテイメントとしては迫力、スケール、話の展開が早くてあっという間で楽しめましたがやはり後編の雰囲気のほうが鬼気迫るものがあって私も好みます。ホントに財産ですよね。ところで徹夜は絶対無理です。昼寝しないと電池がきれます。
2008-06-04 Wed 00:55 URL [ Edit ]
アーロ・ニーロ・アルルエリ
そうそう、私もLCWより後編が一番好き(*´Д`*)
もう「神」ですよね
あと、前編の「初めましてLです」の足ポリポリで、「バーンバーン」も大好き(;゚∀゚)=3ハァハァ
2008-06-04 Wed 07:40 URL [ Edit ]
Yuki
イッキミの感想ありがとうございます~。私はデスノ前後編を劇場で観ていないのです。はぁ、観たかったなぁ。
でも、後編で松にはまったのでやはりスゴイ映画だったんですね~。
LCWでの肩のラインとか、松ケンも分かってて「オッサンになったので」発言につながるんでしょうね。
2008-06-04 Wed 10:22 URL [ Edit ]
びす
感想ありがとうございます(^ω^)
自分と違って、クロくまさんは細部まで
よく見ているなと思い驚きました!
今度自分もイッキミして笑、
クロくまさんが言われた所をじっくり観察したいと
思います(・∀・)!
2008-06-04 Wed 20:53 URL [ Edit ]
るか
クロくまさん、お久しぶりです。
イッキミナイトの正直な感想、私も同感です。
LcWはきっと松Lファンはひいきめに見てしまうと思うんです。
だけど、内容的にウイルス感染って安直な感じがしたことと
グロいシーン(しかも長い)はちょっと。。。(^^;
私も正直、Lが一番LらしくあるのはLastnameだと思います。

クロくまさんの感想を読んで久しぶりにコメさせて頂きました。
2008-06-05 Thu 00:14 URL [ Edit ]
あーの
お久しぶりです。松L着ボイスの時はお世話になりました。
クロくまさんの意見、私もかなり同感で
読みながら「私もそれが言いたかった!!」と思いました。
体型、メイク、かつら…ほんと後編が最高潮でした。
LcWの内容は大掛かりのはずなのに薄く感じましたが
松Lはすごく良かったです。
Lが松じゃなかったら大コケだったと思います。
というかそもそもスピンオフが無かったでしょうけどね
(^^;
2008-06-05 Thu 02:29 URL [ Edit ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-06-06 Fri 15:03 [ Edit ]
ともとも
クロくまさんの仰ること、よ~~くわかります!
イッキミナイトで3作通して観ると実に嫌なくらい良くわかりましたね~。(笑)
ロボをやった時に実はすんごいショックだっだんです。
体があまりにオトコになってたもんで。。。(^^;)服装や髪型だけのせいではなくね!
だからその時にはもうあのLにはどーしたってならないって確信があり。。。

LcWも初めて観た時、脚本にちょっとした怒りすら覚えましたよ~。ここだけの話しね。
舞台挨拶で生松ケン拝めてもあのストーリーには丸め込まれんぞ!ってね!(笑)
でもね、Lに恩返しがしたかった!って松の言葉があの映画のLに全て現れてて、
回を重ねる毎に引き込まれちゃったんですよね~。5回目位のLcWを観た時には
映画館出ですぐ友達に振るえながらメールしたっけ、あれは松山ケンイチじゃなくってLだよ
本当にいるんだよ、Lは!!って。実に危ない状態でしたワ。(笑)

何やら北米でもラストネームやりそーですね。あれ観たらどこの国の人でも
スピンオフ観たくなるでしょーね?!松Lに関しては胸を張って観て欲しいと思う!
でも、ストーリーがね。。。所詮日本映画って言われそーで怖いです。
リメイクの話しも日本版より面白くちゃ困るし、何より白人Lがハマってしまわないか
心配です。(笑)  ってすんごいチキンな私だ!
結局、辛口なのか甘口なのか、自分でもよくわからなくなった、ごめんね~!(^^;)
2008-06-06 Fri 16:30 URL [ Edit ]
ハ二-
クロくまさん,イッキミナイトの感想ありがとうございます♪
3作続けて観ると,いろんなことが分かってくるんですね。。。私もこの中ではやっぱりラストネ-ムが好きですね☆
首から肩にかけてのライン。。あらためてDVDでですが,確認しました(笑)キレイなラインだとは思ってたけど大人になってくると違ってくるんですね。。
Lcwまでの短期間のうちに成長してしまったのか。。?

ラストネ-ムは目だけ動く表情や,お口ばかり注目してたもので,体つきの変化まで気がつかなかつたです(><)
2008-06-06 Fri 17:52 URL [ Edit ]
カンナ
普段はロム専なんですが、松山君の体型のことが話題になってたので書き込みします。

「LcW」のストーリーについては、私も「???」でした。
今思えば、ラストネームが一番面白かったですね。
スピンオフは期待してたけど、やっぱり「デスノート」原作に匹敵するようなオリジナルを作るのは難しかったということでしょうね。

松山君の体つきのことですが、成長したというよりは「LcW」のクランクイン前から、「カムイ」の撮影に備えて筋トレしてましたよ。「LcW」の撮影期間中も合間を縫ってトレーニングをしたそうです。
だから「LcW」を観たときは、長袖Tシャツを着ていても、ポーズによっては筋肉が付いたのが分かったし、肩幅たくましくなったな~、と思いました。
2008-06-06 Fri 23:28 URL [ Edit ]
クロくま
>ken.さん

そうですよね!
「撮るからにはデスノに続けて撮っちゃうくらい、早く早く~」と思ってました。
スケールとか迫力重視だった気がしますね>LcW
でも「何度も観たいか」となると「う~~~ん・・・」と考えちゃう自分がいます。
正直、前売り券の消化は大変でした(笑)
DVD発売されますが、内容より<Lの一挙手一投足のみ>の鑑賞になりそうです。
あ、あとメイキングが楽しみです♪
徹夜・・・きついかな?と思いましたが、
Lの声に何度も「( ゚д゚)ハッ!」として起こされました。
2008-06-07 Sat 15:37 URL [ Edit ]
クロくま
>アーロ・ニーロ・アルルエリさん

後編は「神降臨か?!」とリアルタイムの時に思ってました。
前編の「足ポリポリ」の前に部屋の隅から登場してくる時に、
「この瞬間、心臓バクバクだったな~~~」とか
昔を懐かしむような見方をしちゃいました。
あれは( ・∀・)イイ!! 何度観てもいいですね。
2008-06-07 Sat 15:44 URL [ Edit ]
クロくま
>Yukiさん

後編で私もドハマリでした!
それまではさら~っとした感情だったのに、
一気に「なにこの人すげぇ!!」と熱くなりすぎ、高血圧状態に!!(いつでも沸点)
今はそれが正常値に。(さら~っとクールなクロくまですよ)←
本人も「オッサン発言」してましたね(笑)
「それは体つきよりも、むしろヒゲ・・・」と私は思ったんですが~~(≧∇≦)
「でもその歳でそんな事言ったら、それ以上の歳の俳優さんはどうすんのーー?」
と、余計な心配しました(爆)
2008-06-07 Sat 15:53 URL [ Edit ]
クロくま
>ひつまぶしさん

LcWのDVDが出てから、ツッコミをしようと思いましたが、ここで一つ。
あの速さの飛行機止めた割には、空港のガラス「パキッ!」は無いでしょう(笑)
ウイルスでもがき苦しんだり、血が滴ってた割には、「キレイな服でタラップ降りるブルーシップの面々」が写ってたり(≧∇≦)
しかも「Lを感情のある人間にしたかった」って割には
「え?内容が、無いよう・・・」とオヤジギャグ言いそうになりましたよ。
20日あったのに、時間の使い方が無駄すぎる!!
最後の5日間だけの話になっちゃってるし。

ってこれはDVD出てからツッコミますから。
今回のLは松ケンも試行錯誤したと思います。

体型うんぬん言っておりますが、私も変化していくのは一向に構わんのですよ♪
いろんなものを身に着けて欲しいワン!
渋さとかワイルドさとか(これは少し出てきた?)
精神面でもたくさん悩め~~~~~←私は鬼母(笑)
ご心配ありがとう!!
止めませんて~~~~~~(≧∇≦)
私が止める時は、こっそり止めますから(コラー!)
それは冗談で、本当に止める時は松ケンにツッコまなくなった時ですな・・・(笑)
2008-06-07 Sat 18:13 URL [ Edit ]
クロくま
>びすさん

あ、イッキミ気をつけてくださいね。
昼間でも睡魔に襲われると思います(笑)
私が細部まで見てるですと?!
ただ萌えてるだけとも言う・・・・(≧∇≦)

デスノもLcWもかなりの回数見てるから、
後は「新しい発見を探す」風な見方ばかりしてしまうんですよね!
それでもデスノは飽きないんですよね~~、何故か。
LcWはツッコミ所ばかり発見&観察ばかりしてしまいました(笑)
2008-06-07 Sat 18:42 URL [ Edit ]
クロくま
>るかさん

>松Lファンはひいきめに見てしまう

あるかも知れません。私もそれを思いました。
デスノをリスペクトしてスピンオフというよりも、「Lの意外性ばかりを狙って撮った」ような。
「そうすればLファンは喜ぶだろ?!」みたいな。

「違うのにな~~~。違うのにな~~~」と思いながら観てました。
実はLcWの感想を書かなかったのは、
不満だらけの記事になりそうだったからなんです。
せっかく演じた松ケンやこれから楽しみに見ようとしている人に
「私の感想はいらないだろっ」と思っていたからです。
でも、イッキミ!で改めて「うわ!私の思ってた事やっぱり間違いじゃないかも?」って
また思い出したんですね。
だから、書いてしまいました。今更ですが。

なのにしっかりDVD買うアタシ。矛盾してますよねー(;´∀`)
2008-06-07 Sat 18:54 URL [ Edit ]
クロくま
>あーのさん

お久しぶりです!コメントありがとうございます♪
そうですか~、あーのさんも同じ事思ってましたか。
正直、この記事を書くのは勇気がいりました。
「何?!いきなりアンチ化ですか!!」とか非難轟々を予想していたんです。
あんなにヒットして、観客動員数もDVDの売り上げ(予約)もうなぎ上りだったんで。
私だけ「???」なのでは?と思ってました。
ブログを始めた当初は結構言いたいことをバンバン書いてました。(え?今も?笑)
でも見てくれる人が少しでも増えると、「見てくれる人に不快にならないような記事」を
考えてしまって、言いたい事の半分で書いてる時もあるんですね。
だからたまに窮屈な時もありました。

だけど「自分のブログじゃ~~~ん!」と思い、書いちゃいました。
非難覚悟で(笑)
賛同してくれる意見があって内心ホッとしてます(小心者ですから)
2008-06-07 Sat 19:05 URL [ Edit ]
クロくま
>ともともさん

ともともさんはイッキミナイト!行ったんでしたね~
分かりましたね、しっかり分かってしまいましたね。
睡魔に襲われても「騙されんぞ!!」と。(笑)
ロボの時はがっちりしてましたからね~~(≧∇≦)
ロボはあれでいいんだけれど
(ってか、ロボなのにガリだったらホンマモンのニートオタクのようです)
後にLが控えてるとなると「大丈夫かな?」と私も思いました。
急激に痩せるために、
「無理なダイエットで体に負担をかけるんじゃないか」も心配でした。
完璧主義者な面も松ケンには見えるので。
猫背を伸ばしたシーンで胸板がやたらと厚いので「うお!やっぱり・・・」と
少々残念でした。(みるめの胸板は大好物なのに)

脚本、あれでもかなり直したと聞いた時は、「元はどんだけ酷かったんだよ!!」と
劇場で叫びたかったですよ~~。
でも何度も見ているうちに「これはギャグ映画か?(笑)」
と言うくらいツッコミ所をたくさん発見しちゃいました。

リメイク・・・・してもやっぱり松ケンのLは別格の気がします。
ようつべの松Lの評判たるや!!
「L(Kenichi) So cute!!」の嵐ですから・・・・( ̄ー ̄)ニヤリ
2008-06-07 Sat 19:22 URL [ Edit ]
クロくま
>ハニーさん

ハニーさんもやはり後編が最高だと。
松ケン本人もあそこで「Lのすべて」を出し尽くしたのかもしれません。
だからLcWを見ると「あれ?」があるのかも?
内容も特にですが、あんなに猫背(腰から曲がってる)とかじゃ無かったですしね。
「大げさに演出しすぎ?」とも取れる内容でした。
「松ケンの意思でやった演出じゃないな・・・これ」と直感で思いましたよ~。

大人になってくるとイヤでも「がっしり感」が出ますからね。(ニューハーフの方以外 笑)
日ごろから少しずつ鍛えてたりする松ケンなら、尚更短期間で成長もあるかもです。
男性フェロモンがこれからバンバン出るでしょうから(何かエロイ表現)

どうしても動きや表情に目が行きがちですね、特にLの場合。
私も無意識に口元とか視線ばかり見ちゃいますよ(〃∇〃)
2008-06-08 Sun 10:24 URL [ Edit ]
クロくま
>カンナさん

ロム専だったのにコメント、ありがとうございます!

>成長したというよりは「LcW」のクランクイン前から、「カムイ」の撮影に備えて筋トレしてましたよ。

あ、それは私も知ってましたよ~~。
鍛えたのもあり、思春期が終わり男性フェロモンが活性化されたのもあると思ったんですね。
成長に拍車が掛かると言いますか。
特に肩や胸は鍛えて厚くなったとしても、「首周りまでがっしりしてきたじゃないか!」と思うと
「鍛えた+成長=大人の男の体になってきたな~」と思ったから書いてみました。

でも松ケンは上半身たくましくて下半身(特にすね)がやたら細くて長く
女の私から見ると「チッキショー!!」の気分になります。
↑交換して欲しい
(そしたら松ケンが大根足の短足に!! ソレもイヤですね笑)
2008-06-08 Sun 10:37 URL [ Edit ]
クロくまさん、はじめまして。
この度の、LCWの忌憚の無きご意見、ご考察に感謝の気持ちを発したく初コメさせて頂きました。
メイキング、写真集とビジュアル根回しが凄い割には、
脚本考察時間無さすぎ(とくに悪キャラが不明瞭な)・・。
松ケンの成長が(白シャツを超えてフェロモンが)・・。
タイミングが合わない映画だったけれど、彼の演技と魅力が凄くてこれはこれとして、
という見方をしておりました。
私的には、付き合い始めのカップルみたいなもんで、一呼吸あくと性格の不一致がドット出てくるみたいな心境ですねん・・。
松ケンの仕事が、Lを離れて効果をあげている今、
やっとなんのかんのと考察ある方には言ってもいいかなみたいな気持ちです。
背中の痒いところに手が届きました。
ありがとうございます。

2008-06-09 Mon 15:25 URL [ Edit ]
クロくま
>ヴィヴィさん

わざわざコメントありがとうございました。
感謝の気持ちなんてっ!!大した事を書いてませんが、
前々から思ってた事を書いたまでです。
確かに根回しは良かったですよね、Lの写真集は松ケンの案だとも聞きましたが、
それこそ「後編終ってからすぐにでも撮っていれば・・・」と思いました。
体の成長の変化は止められないですからね、ご本人でも。
いろいろなタイミングが合わなかった作品だなと私も思いました。
でも「松ケンが想うL像」というのは、大きく変わっていなかった事だけが救いでしたね。
そういう意味で、LはLのままでした。
上映中は、いろんな意味を考えて「私の考え」は
あえて書かないでいました。
今回の映画館の企画で通して見る事が出来て初めて、客観的に見れた気がします。
どうしても「松ケンが出ている作品」としてひいき目で見てしまいますから。
2008-06-11 Wed 23:52 URL [ Edit ]
Secret

TrackBackURL
→ http://kurokumajp.blog110.fc2.com/tb.php/312-10937ed6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。