∥Poembar∥click!∥
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
自分の<内なるもの>を見つめていくのが、シンドイ時があります。

でも自分を救う手立ては、自分の内側にしかなくて
外側からの影響も、少なからずあるけれど、
それが内側を、すべてをひっくり返すほどの力まで及ぶのには
かなりの時間と それに見合った出来事と 自分の受け入れ容量が必要だ。

最近の私はその<容量がいっぱいいっぱい>でした。

なんだろう・・・・・。
前に熱が冷めたと書きましたが、それ以前に自分の心に「空きスペース」がなかったんですね。



松ケンの連載を読むには かなりの ”空き容量” が必要だ。

少なくとも私はそうなんです。
影響されるとか、読んでるうちに分からなくなるからとかではなくて、
あ、多少はそれもあるかもしれないけど。

溢れるほどの生命力や
狂おしいほどの精神力が

「私には痛いぐらいに強すぎる」  そう思えることがあるからです。

弱い。
弱いんですよ、私の精神力が。
読んでて耐え切れなくなる。
自分の中の隠していたものを ほじくり返される感覚で。

実は狂気が私の中にも存在してて、
本当はその狂気は幼少の頃からあったのだけど

<皆と同じように生きるには、それを忘れたようにして、フタをするしかなかった>

それを 呼び覚まそうとする、弱い精神の時に読むと。
あえてそれに身を委ねる事も出来るけど
その後が怖い。
どんな自分になってるか考えると怖い。



ポジティブがいいとされてきた時代に生まれた私たちにとって
ネガティブは悪の象徴とされてきた。

でもネガティブは本当に「人間の悪なのか」?と考えると、必ずしもそうじゃない。
ネガティブさほど、その人を表してるような気がしてならない。
しかもポジティブなパワーよりネガティブなパワーの方が影響されやすい。
だから人は ネガティブさ を敬遠する。
自分で自分を守るために。
ネガティブさが無くなった訳ではないのに、知らない振りをする。


本当はネガティブさを、どうやって自分なりに吐き出していくかが重要なのに。
それが 自分と向き合う 事なのに。

松ケンはそれを恐れずやっている事に私は感嘆した。

本来なら隠したり、見られたくない部分だろう。
間違った解釈もするだろうし、本人を誤解したりもするだろう。

なのに圧倒的パワーだ。
うん、若さ故の強い解釈も多々あるけど、

それよりも 強すぎるほどの 柔らかい狂気を持っている。

狂気は何も半狂乱になる、そのものを言うんじゃなくて、
法や、理性や、常識などだけでは片付けられないもの を表したものだと思う。
誰にも持ってるはず、自分だけのルール。

それが狂気。
自分だけにしか分からない はみ出た感性。
芸術を愛するものはみな、限界点までの狂気さだ。 
本人は まったくそんな気はない。 それが彼らのルールで、リアルだから。

でも松ケンから感じるのは、そんな強固たる狂気じゃなく 柔軟性のある狂気。

そんな「柔らかい狂気」を 常に 表情に、佇まいに、漂わしている気がする。

それを<他者を寄せ付けない憑依力>に変えるんだろう。
普段陰に溢れてるから、覚醒した時のパワーったら半端ない。

私はそこに魅入られ、これからも垣間見ては、溺れるの覚悟で見続けたいと願っている。
スポンサーサイト
スズキ
今回のクロくまさんの記事を読んで、鳥肌がたちました。
すごい文章力。
ライターさんみたい!(実はライターさんですか∑(゜゜)?)

2008-07-15 Tue 14:56 URL [ Edit ]
fusa
クロくまさんのぐるぐるも、ケンちゃんのぐるぐるも
愛おしくて仕方が無い。クロくまさんの今回のぐるぐるの原因は、体調のせいもあるのかな?「ベロニカ」を読んだ影響もあるのかな?「自分と向き合う事」って、怖くて出来れば避けて通りたいのが本音ですよね。でもあえてそこに飛び込んで行こうとする、その強さに私も感嘆します。でももうひとつのケンちゃんの才能は「忘れる事が出来る」という事だと思うんです。覚醒した後にちゃんと忘れる事も出来るから、前に進んで行けるんじゃないのかと…
おっと、また長くなりそうです。
「ベロニカ~」は私も大好きで、とても影響を受けた作品です。コエーリョの作品はほとんど読んでいますが、「ベロニカ」が一番好きです。「アルケミスト」もお勧めですよ。 クロくまさんの文章の説得力には、いつも心が震えます。本出して下さい~って本気で思います!
熱狂的読者になりそうです!!
2008-07-15 Tue 22:58 URL [ Edit ]
ひつまぶし
暑いと体力消耗しますから…早く良くなりますように♪

ほんと、いつもクロくまさんにはオドロキです。
私がモヤモヤ考えてることをみんな活字にしちゃえる!!
「そうそう!それそれ~!!」って。
よく知りもせずこんなことを言うのは失礼ですが、
松ケンとクロくまさんは同じ匂いがする!!
だから惹き込まれるんじゃないかなぁ?

fusaさんにも同感です。
自分と向き合ったり、忘れることができる人はなかなかいないです。
だから、仕事のストレスは仕事で解消できるんですよね。

あの若さで、ネガティブな側面をさらけ出せるのはすごい!!
ネガティブに影響力があるのは、本能だからだと思います。
理性がなければポジティブマインドなんてないですから。
謙遜してなのか、屁理屈とか言ってるのがまたカワイイ。

なんか力入っちゃいましたけど、最近頭が哲学的になってます。
娘が発達障害で、感情のコントロールがうまくできません。
今、ネガティブの塊みたいになってます。
それに付き合ってると、人間の本能の部分がいろいろ見えてくるんです。
本能のままだと生き辛いですからね、大変です。

それはさておき・・・
私のルーツは青森ですが、
松ケンっぽい、とがったようで、でも、素朴で柔らかい人、
結構、青森にはいるんですよ♪
陸の孤島なんて言われたりしますが、
私はその素朴でありのままな感じが結構好きです。
ケンイチはずっと変わらないでいてほしいなぁ~。

2008-07-16 Wed 00:40 URL [ Edit ]
とも
やっぱりクロくまさんと松山さんは私の中ではとっても近いと思います本質が。
だからこそ、こういうシリアス?記事の時は惹き込まれてしまいます
あんまり悩まないでと思う反面こういう悩み方をする貴方がどうしようもなく好きだったり^^;
この真っすぐな文とこのテンプレの松山さんの表情がなんて合うんでしょう(;_;)
2008-07-16 Wed 09:33 URL [ Edit ]
もも
初めてコメントします♪
覚えてらっしゃらないかもしれませんが、mixiのコミュでの伝説の上映会の感謝企画をやってた、まみるめももこです。
あの時はQPありがとうございました!!

クロくまさんの文章、めちゃめちゃ同感です!!
私もケンイチさんのインだビューを読むと、生きることに一生懸命な彼に圧倒されてしまいます。私の場合は、なぜかいつも泣きそうになります(;_;)

暑くて大変だとは思いますが、また素敵な文章書いてください!!
また遊びにきます。
2008-07-16 Wed 21:03 URL [ Edit ]
クロくま
>スズキさん

いえいえそんな!たいそうな文章じゃないっすから!
ラ、ライター?
火をつけるアレですか?!(ベタなボケ)

ライターさんは昔なりたかった職業の一つですが、
全然それには及びません。
自分の意見が強すぎて、まだまだです!
2008-07-21 Mon 21:03 URL [ Edit ]
クロくま
>fusaさん

ぐるぐる(笑)今読むとホントそうです、ぐるぐるですね。
松ケンのぐるぐるが内へ内へ向かってるのが気になりますが、
「それは役で昇華されてるのかな?」と思うと「まだまだ見続けなきゃな~」と思います。
「ベロニカ~」の影響は自分自身、かなりあると思います。
ちょっとしたショックを受けました。外国文学だからと敬遠した自分が幼稚だったなと。
忘れる事・・・・これは出来そうで出来ないことですよね。
「忘れたフリは出来ても、忘れるはなかなか出来ない」
嫌な考えをひょんな事で思い出すことは多いですしね。
うん、fusaさんの言うとおり、
それだからポジティブになった時の反動も大きいんだと思います。
アルケミストですか!!読んでみます。
でも文庫本買いすぎて当分先になりそうですが(笑)
私の文章はまだまだです(〃∇〃)
自分の意見に偏りがちですが、
<どうしても言いたい事>が溢れると書かずにはいられなくなります。
気持だけで書いてるので、文法的に見るとめちゃくちゃかもしれません(恥)
2008-07-21 Mon 21:49 URL [ Edit ]
クロくま
>ひつまぶしさん

長文でコメ、ありがとうございます!

>ネガティブに影響力があるのは、本能だからだと思います。
理性がなければポジティブマインドなんてないですから。

この文章に、強く頷いてしまいました。
そうなんですよね~、人間の本能な部分ですよね、ネガティブは。
それをポジティブが覆ってるという・・・そんなふうに理解しました。
「仕事のストレスは仕事で」というのも分かります。
帰ってきた時に「あ~すれば良かった」とか思ってても、
椅子に座った瞬間にぶっ飛んでたり(笑)
<ネガティブな部分が愛しい>と思える人に魅力を感じるのは、
その人が本能を隠さず向き合っているのが、自分には出来ないせいかも知れません。

お嬢さんがネガティブの塊になってるのも、
本能をさらけ出して「自分の言葉で語ろうとしている」せいかもしれませんね。
受け止められる人が近くにいないと、人は人の前で弱さを見せれませんから、
ひつまぶしさんの心はとても寛大なのでしょう。
うん、私もそんな母親になりたいものだ! と深く思いました。

松ケンが誌面で語れるのはきっと、
<弱さも強さもありのままの自分を認めてる>んでしょうね。
2008-07-21 Mon 23:14 URL [ Edit ]
クロくま
>ともさん

と、とと、ともさん、何つー事を言い出すんですか!!
私と松ケンじゃ月とすっぽん。
あ、すっぽんに悪いな、月とゲンゴロウぐらいの差ですよ!!
あ、それじゃゲンゴロウに悪いな(笑)

ともさんに会った時にも話しましたが、
基本、松ケンは<根暗>の部類だと思うんです。
同じ年代にありがちな「軽さ」がない。
松ケンの醸し出す笑いって、どこかブラックユーモア的なモノを感じます。
「ぶわははは」より「クスッ」みたいな。

だから今回のDMCの方が、ロボの時のギャグよりも
一般的に受け入れられそうな気がしますね。
クラウザーさんは完璧ブラックユーモアのカリスマみたいなものですし(笑)
松ケンの陰の部分が、陽の部分の起爆剤になってるきがします。

悩みすぎても平気ですよ、彼は<忘れるタイプ>なようですから(笑)
私は、積み重ねて考えちゃうタイプです。
で、一気におバカへ爆発します←そっちのが迷惑
2008-07-21 Mon 23:29 URL [ Edit ]
クロくま
>ももさん

何をおっしゃいますか~、覚えてますよ!!
私こそ初対面のももさんにいきなり「みるめQP」を押し付けてしまい、後で反省しました。
しかもミクシィは、<当初ほぼ新参者>だったのでお恥ずかしい限りでした。
すみません、びっくりさせまして。

生きる事に一生懸命ですよねぇ。
そこがまた羨ましくもあり、素晴らしいとこでもありですね。
私も読んでいて「息が詰まる感覚」になるので、
でもそれは「私だけのの感覚」だと思っていました。
ファンの方で多かれ少なかれ、同じ思いの方がいると最近知りました。
でもそれだけでも十分彼は、「表現者としての役目」を果たしていると思います。
「理解する」前に「夢中にさせる」のですから。

弱さも強さも誤解されても、表現していこうとするその精神に、私たちファンは圧倒され、
そして魅力的で逞しく思えて目が離せないんですよね~(〃∇〃)
2008-07-21 Mon 23:38 URL [ Edit ]
Secret

TrackBackURL
→ http://kurokumajp.blog110.fc2.com/tb.php/334-45f4cfd2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。