∥Poembar∥click!∥
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
「君に何かを語っても」

君の何かを語っても
それはきっと 君を枠でしかみていない エゴになってしまうんだろう

本質の君はいつも
驚きと発見と大胆さで 真ん中をヒョイと軽々飛び越える

パーツ美とか オーラとか
見てるこちらはそんなもん 当に超越しちゃってて 
何かを企んでるだろう君を見てるのが 本当に楽しくてたまらない
そこに存在している君に いつも精神力と生命力のタフさを思い知る

いろんなものを詰め込んで 苦しみながらも 口角が上がってる君に

何かを期待しないでいるのは 無理な事だよ 今更。



久々に 松ケン見てて書いた文章です。

病んでたな。 ええ、数ヶ月間は病んでたかもです、私。

でも臨時休業したお陰でリフレーーーーッシュできたのは確か。
やっぱり物事溜めちゃうのは、良くないと実感しました。


病院のベットの隅で、松ケンの載ってる雑誌を読んだりしてましたが、
いつもは「ふんふん」と読む文章も、
「この文章でなぜに泣く?!自分」みたいな精神状態で、
読みながら心のどっかで 励まされていた気がします。

ええ、勝手に!! 
カムイ語ってる文章やクラウザーさん語ってる文章で 勝手にそう思ってましたーー(笑)


松ケン見て、萌え~~~~♪
にならなかった自分、異常というか(笑)






親というのは
<超えられない壁>と言うよりも<近づきたい山頂>に近い。
山の、その下に繋がる裾野に私たちは立っているのに気が付かない。
安全にここまでこれた事を、自分だけの力のような気がしてる。


「親が子供に教えられる事は、人が死ぬ事とはどういう事か だよ。
それ以外はたぶん、どーでもいいんだ。お前もそれを覚えておけよ。」

そう言った父は幼少に見た時より小さくて
背は丸まって 顔は皺くちゃで 頭は禿げ上がって 加齢臭するけど ←言いすぎだろ!

やっぱり 近づきたい山頂なのに近づけない、私には大きな峰でした。

父はまだ、この世に生かされたけれど、
いつかその事を教えにくる日はきっと来る。 
ある日、突然に、何の前触れもなく。


何かに没頭して、熱中できる環境を、私は当たり前のように思っていたけれど
それもやはり、自分の周りが何事もなく平和で 
幸せであるからだったんだと 気付かされました。


松ケンのファンで 良かった事が また一つ増えました。
新しい目線を持って、また松ケンを追っかける事が出来そうです。

彼のキャパはまだまだ広がりそうだ。
見ているこちらも目線を広げないとね♪
スポンサーサイト
fusa
大変な思いをされてる中でも、ケンさんによって励まされてたりもしてたのですね。
それがなんだか、同じケンさんファンとして良かったなぁって気持ちになりました。
私も時々思うんです。
こうして、わ~キャ~ 言ってられるのも、廻りが何とか元気に平和でいるからこそ
の事だなって…
あたりまえの事の様に思ってる事って、ホントはそうじゃないんだって事、気づかさ
れるって大切ですね。

それにしても、素敵なお父様ですね。
そんな言葉を掛けて下さるなんて…
私は父とは折り合いが悪く、若い頃の関係はひどいモノでした。
今ではお互い歳を取り、なんとかうまくやっていますが、それでも同じ処での
思いがまだグルグルしてしまう事があります…

久しぶりに、クロくまさんのコトバが聞けて嬉しかったです。
松ケンへの愛が、ますます加速していきそうな予感がしますねっ!!!
確かに、見ている私たちの目線も広げなきゃ…です。
2008-10-02 Thu 22:36 URL [ Edit ]
じゅん
私は、いま両親と一緒に生活をしています。
親って生きていてくれるだけで、本当にありがたい存在ですよね。
その幸せに感謝をしなければいけないと思いつつ、つい忘れてしまっているのですが。
親孝行したいと思ったときには、すでに親はいないというのはよく聞く話です。
忘れてしまいがちですが、その日が来るまで、日々感謝したいと思います。

私にも、クロくまさんのファンで良かったことが、またひとつ増えました。

クロくまさんの言葉と、クロくまさんが愛して止まない(?)松ケンのおかげで、幸せな気持ちになったり、やさしい気持ちになれたり、襟を正さなきゃと思ったり。

クロくまさんのブログが、私にはバイブルです。

明日も記事が更新されること、期待しちゃってもいいですか?

(なんか告白みたい。。。)
                 
2008-10-03 Fri 00:08 URL [ Edit ]
アーロ・ニーロ・アルルエリ
クロくまさん お帰りなさい
そして祝プレ復活☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ
待ちわびとったとよ~!(興奮のあまり方言)

私自身も2年半前に大病を患い(今は元気)健康の大切さは よぉ~く分かっとります。
でも、喉元過ぎれば…で普段はいろんな大切なものを忘れてしまうんですよね。
 
クロくまさんも、疲れを溜めないようにしてください。
また、ここで会えてほんとにうれしい(人´∀`).☆.。.:*・゚
2008-10-03 Fri 16:25 URL [ Edit ]
るか
クロくまさん、お帰りなさ~い(^-^)
お父様、良くなられてなによりです。
素敵なお父様ですね~重みのあるいいお言葉です。
クロくまさんの文章の匠さ、哲学的なところは
親譲りだったのでは?と思いました。

看病でお疲れではないかと思います。ご自愛くださいね。
バージョンアップしたクロくまさんが楽しみです♪
戻って来てくれてありがとうです☆
2008-10-04 Sat 01:39 URL [ Edit ]
クロくまさんお帰りなさい♡
≫「親が子供に教えられる事は・・・
すてきなお父様だなと感動しました。
クロくまさんは思いを文章にするのが
とってもうまいですよね!
愛は苦手なので尊敬です。

クロくまさんの復帰とてもうれしいです!
これからもクロくまさんのケンちゃんへの
愛のこもった記事を楽しみにさせてもらいますね!
、、でも体調に気をつけてがんばりすぎないでください

カレンダー頂きました~!!







2008-10-04 Sat 19:03 URL [ Edit ]
ハニ-
クロくまさん、おかえりなさい♪
お父様、良くなられてもうすぐ退院なんですね!
よかったですね!!
お疲れのところ、更新ありがとうございます。

お父様の言葉、私の心にもズシッときました・・いいお父様なんですね。またクロくまさんの文章を見られるのかと思うと、とても嬉しいです~!
クロくまさんの言葉を聞いてるとホントに松ケンへの愛が感じられますね♪
これからも無理しないでブログのほう続けてください!
楽しみにしてます。
2008-10-04 Sat 22:40 URL [ Edit ]
tmc
クロくまさん
バックの松ケン画像が変わってるってことは
完全復活でしょうか?
おかえりなさい!!
お父様回復されたようでよかった!!
でも無理せずクロくまさんのペースでやちゃってくださいね。

新しいクロくまさんの視点で書かれたこの松ケン文章がとても好きです。
異常じゃない~。゚+(。゚´д`)゚+゚。
超好きです~~。゚+(。゚´д`)゚+゚。

そしてお父様、でっか~いお父様ですね。
きっと自分の父親もでっかいのだろうけど
まだそれに気づけない私。
気づいてないフリする私。
クロくまさんのこの記事
松ケンのこともお父様のことも
クロくまさんのでっかい愛が包んでて
読んでいて自分の気持ちが凄く和らいだというか…
うまく表現できないけど
ありがとうございます┏○゚.:。+

へばっ、tmcでした!

2008-10-06 Mon 00:56 URL [ Edit ]
ひつまぶし
おかえりなさい!!
行事の多い秋に振り回されていたら…更新されてるぅ~!!

お父様、回復が早くてよかったですね!!
お父様の病気がきっかけで、新しい価値観が芽生えたでしょうか?
というか、気付かされたのでしょうか??
健康、平和、生かされてること…あたりまえじゃないんですよね。
お父様に対する思いを素直にあらわされていてスゴイです。
私なんて、素直じゃないですから。
でも、親が健康でいてくれることには感謝していますよ。

クロくまさん、病んでたって・・・
普通ですよ。そんな時もありますよ。
苦悩も何もなく、のほほ~んと生きていける人の方が少ないですよ。
自分も紆余曲折しすぎです。
いっぱい悩んでるクロくまさんだからこそ、深い文章が書けるんだと思います。

がんばりすぎないで、マイペースに!!
気楽に待ってますから♪
2008-10-07 Tue 12:28 URL [ Edit ]
「悲しい本」っていう言葉で検索してたら、クロくまさんとこにたどり着きました。文章おもしろくて上手だなあと、いろいろ読ませていただきました。どうもありがとう。
お父さまの言葉は、すごい、グッときました。こんなこと言える男になりたいと思いました。
2008-10-12 Sun 21:07 URL [ Edit ]
クロくま
>fusaさん

そうなんですよ。意外に平和だったんだな~とかシミジミしちゃいました。
なんやかんや言って、大変だ忙しい言ってて、
「そうでもなかったじゃん」みたいな。
松ケンを応援する事によって得られた事はたくさんありますが、
そのことに触れられなかった日常も、
ムダではなかったし追っかけてるだけじゃ見えなかった事もたくさんありました。
視野が広がるというか、自然に狭めてしまってたな~と。
父親とは結婚してから仲が良くなりました。
若い頃は私も悪かったですから~ にひひ♪
父は安全靴で蹴っ飛ばされたりもしました(娘に蹴りいれるな!)
母親と仲が悪かったぶん、自然と父親と仲良くなりました。
その母親も幼少の時に別れたきりですが。
ま、ま、まま松ケンへの愛~~~~!!(爆笑)
あ、笑っちゃ松ケンに失礼か。その言い方はこそばゆいっすよ~。
私の目線は・・・愛でも恋でもないような。 
なんだろう・・・・親戚のオバちゃん目線というか(笑)

>じゅんさん

なんだか嬉しいような~~、照れるような~
たいした事書いてないのに、いろいろ考えて
感じてくれるのはブログやっててうれしい限りです。
松ケンからいろいろ感じる&考える事を、
私なりに書いてるだけなので賛否両論あると思いますが、
それもよし!と思ってます。
昔は「文字で表現する」って事が苦手でした。
言いたいことは山のようにあるのに、しっくりくる言葉が出ない。
頭ぐるぐるの日々で。
今の松ケンの気持ちが、ちょっとは分かるような(笑)
この歳になって知ったことも数多いです。
でも書くことで、思うことで、やっと頭の中が整理できてる状態です。
これからもよろしくーーーーです。あ、ヤダ?(笑)
2008-11-01 Sat 00:34 URL [ Edit ]
クロくま
>アーロ・ニーロ・アルルエリさん

復活宣言、どうなってるん?とお怒りかもしれません。
ども、クロくまです。
あい、みなさんに甘えて家の雑用を片付けてました。
カレンダーだけは今月中に作りたくてがんばりました。
返信コメが・・・・今更カヨ!みたくなってしまいましたが、
これだけはちゃんとしねぇと!!
ゆっくり出来たようで、出来なかった~~~今月。
でもブログが私のオアシスですから(キモっ)

>るかさん

なんだかいろいろ感じることがあると、
「クソ真面目なクロくま」が顔を出します(でもちょっとズレてますが)
松ケンから感じることは多々あっても、自分の事となると表現が下手で困ります(笑)
ホントはブログに書くべき内容じゃないかもしれません。
松ケンブログと名打ってるのに。
でもそれによって広がった視野もあるので、書いてしまいました。
これからもチョイチョイ出ると思います。
語りやクロくまが(笑)遠めで見ててくださいませ。

>愛さん

文章で表すのが私、下手の方ですよ。
とくに恋愛は・・・・語れません(笑)
「愛とか恋とかなんですか、それ?」の世界です。
そこが一番大事なんですけどね~~。
だから<人セク感想>書きたくても書けないというか(笑)
私が書くと、自分の体験談になっちゃいそうで。
↑聞きたくもねぇと言われそう。
愛さんが愛さんなりに想う松ケンを、そのまま文章にするといいですよ。
文章にするだけで客観的に見れたりもしますから。
あ、いいんだ。松ケンには客観的じゃなくても(笑)
(´∀`*)ウフフがあってもいいんです。

>ハニーさん

あ、買い被りすぎです。
うちの父ちゃんは「ハゲで小太りで、加齢臭のオヤジ」ですから(笑)
いい事言ったけど、自分に酔ってる所がムカっ腹立ちました。
「何、自分に酔ってんの?」と突っ込んでしまった私。
↑ドラマのように泣いたりしない。
ダメです、そんな娘ですし、私も(親子や)
にしても、ハニーさん、みんな!
<松ケンへの愛>とか言うなーーーーー(照れ屋)
私の目線は
「あら、あらあらあら・・・」の<家政婦は見た>の市原悦子状態ですから。
あ、でも、それじゃまったくの覗き屋だ(笑)
じゃ、あるんだ、愛。(今頃気付いた)

2008-11-01 Sat 00:57 URL [ Edit ]
クロくま
>tmcさん

おおう、おおう、おう~~~(獣か!)
tmcさんではないですか~~~~~(´Д⊂ヽ
ありがとでっす。まだかろうじて正常みたいです。
そうなんです、ちょっと想うことありまして、松ケンの事書いて見ました
つってもヤツは、瞬間瞬間変わる「異次元男」ですからね(笑)
こんなこと書いても、また次見るときには変わってる事でしょう。
そこが良くてまた、そこが好きなんですが。

血の縁って「大したことねぇ!」と思ってても、いきなり来ます。
いきなり思い知らされますよ。
「あ、この親だから私で居れたのだ」と。
いいんです、気付かないフリでいいんです。
親も気付いてなかったりしますから、娘のことなんて(笑)
居なくなる事がどんなか、居なくなる時気付けばいいんです。
松ケンが「居なくなる」って事をちょっと考えて、しんみりしたりもしてました
↑何にでも当てはめる(笑)
そしたらその事も含め書きたくなって書いた文章です。
読んでくれてありがとう。

>ひつまぶしさん

あ、私も親の前では素直じゃないですよ。
「何それ?」とか「自分に酔ってる!」とか突っ込んだりしてましたし。
文章にするとカッコイイですがね、鼻かみながら言った言葉ですし。
↑重みが無さ過ぎる(笑)

気づかされたし、たくさん考えたし、ちょっと目線が広がりましたね~。
見ない様にしていた部分ですからね、人の死は。
しかも重病になった事のない家族で。<健康が当たり前>の気でいました。
自分の親は死なない気がしてる、心のどこかで。
そんなこと有り得ないんですがね。
その事を父は言いたかったのかも知れません。
親が亡くなった時が<本当の自立>なのかも知れませんね。



2008-11-01 Sat 01:16 URL [ Edit ]
クロくま
>にさん

検索で引っかかったんでしょうか?
なんにせよ、わざわざ文章まで読んでくださり、しかもコメントまで!!
ありがとうございます。嬉しい限りです。
<悲しい本>は本当に悲しい描画で描かれてて、でもそれだけじゃない何か、
<じんわりした暖かさ>が残る作品です。

私がこの本に出会ったのは「自分の好きだった人の死」がきっかけでした。
それを知った当時、私はもう結婚してましたが、今でも一番好きなのは彼かもしれません。
美化してるのかも(笑)いいところばかり思い浮かぶし(笑)
あの時は出産後もあって、かなりブルーになりました。
今回よりも酷かった。
この本を何度も読んで泣いてた気がします。
で、封印しました。納戸の奥に。
最近また読みました、父の入院をきっかけに。
でも父が言った言葉で、この本を見る目線が変わりました。
<家族の暖かさ>を深く感じたのです。
に、さんも購入したら、何かのキッカケの度に開いてみてください。
その時その時で感じ方が少し変わってるはずです。
2008-11-01 Sat 01:30 URL [ Edit ]
Secret

TrackBackURL
→ http://kurokumajp.blog110.fc2.com/tb.php/365-06a07409
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。