∥Poembar∥click!∥
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- -- | スポンサー広告 | Top↑
足りない。
時間が足りないです。
いろいろと考える事が多い、このドラマ。
一週間では じぇんじぇん 足らないです。

このドラマを見る度にいつも、幼少の自分が蘇る。

人殺しはしちゃいないけど(当たり前だーーー)
子供の頃の環境が、風太郎と似てるアタイ。

だもんで、ドラマを見てると風太郎と同じように幼少のフラッシュバックが出る。
でも乗り越えた分だけ、昔より酷くはないけど。

以下、感想ですがムダに長文(萌えあり)




風太郎がお金に執着するのは、一種の自己確認も含んでると思う。
稼いだ分だけ結果が出る。自分の価値を示すもの。
自分の存在を残すために集める。
でもそれは苦しみから逃れるための代理行為のような気がしてならない。

確かに「お金に復讐する」という感覚もあるのだろう。
でも本来一番自分を苦しめたのは、お金ではなく父親だ。
だがそこに目を向けれない、出来れば背けたい。
同じ同性であるが故。
同じ血が通った超えられない壁。

父親に会った瞬間の硬直した風太郎の顔。
言葉が出ない状態。
私にも覚えがあるので分かる気がする。
刑事の前での泣き顔とは別の、風太郎の表情に息を呑んだ。
ダメなんだ。
忘れようとしてもえぐり出される。
玄関の片隅に座り込む、あの時の表情が風太郎の本来の姿だ。
それぐらい親の呪縛は強い。
親が思う以上に、子供には親の影響が強いんだ。

その後の嗚咽と、かき乱すお金。
自分の存在価値が分からなくなった瞬間に見えた。
何のためのお金?
何のために生きてる?
逃げられないのか?
そんな叫びに聞こえてならない。

父親に会ってからの風太郎は、何かに染まったように「悪」だ。
それは見てるコチラが、ゾクゾクするほどの冷静さで。

でも幼少のフラッシュバックが起きてるということは、
風太郎は完全に克服してない。
父親の呪縛から開放されるために、
今の辛さを、さらに自分を追い込む事で乗り越えようとしている。

冷静さを装いながらも、
焦りを隠せない表情や薄ら笑いをメイドに見られてる
ツメの甘さが悲しい人間の性を写し出してる。


風太郎に、個人的感情が入ってしまい・・・ダメだ。
感想になってないっすね。

初めは「写し方・・・・上手いな」とか思って見てたんですが、
「やっぱりそれだけじゃないなー」 と思い出した。

どんなにカメラワークが上手くても、役者が役者なりに光ってないと
やっぱりそれは 「ウルサイ演出」に見えてしまうのだろう、と。

過剰すぎず、かといって減らしすぎず。
この匙加減が難しい。
銭ゲバのような重い作品は特に。
「お涙頂戴かよ!」では、せっかくの良い内容もしらけるし、
かといって淡々と進んだんでは、感情に訴えかけれない中身の無い内容になる。

銭ゲバは今の所、その匙加減がちょうどよい。
見ていて引き込まれる、いつの間にか「もう終わりかー?!」になる。

でもさ、でもさ・・・・ あの撮り方。

斜め下からとか 斜め上からとか
ベットで寝そべってる時の鎖骨が異常!! だとか(萌え入った)。


「何ですか?このサービスカットォォォ」と叫びそうになりましたが。

風太郎、三国家に住むらしいが、 (イイ服着るのだろう)
あの「黒長T」を着て鎖骨は出すべき!!と思ってしまった。

セーターを脱いだらあのシャツ着てて欲しい。(必死すぎ)

んで、ズボン脱ぎの次はシャワーシーンありですか?!
↑キスシーンよりこっちが主体のアタシ

キスシーン、数秒見ただけで「ありゃ、してねぇべ」と悟っちまったので。
↑どんだけ視力いいんだ!

松ケンは、セリフで魅せる役者ではないと思った。
彼は表情で魅せる役者だ。

それはどの作品でも薄々気が付いていたのだけれども、
銭ゲバでそれが確かなものとなった。

話すとダメとかではなくて (そりゃ失礼すぎ)
「表情の演技で魅せるから、セリフがうるさく感じるな」
とか思ってしまっていた。
目は口ほどにモノを言う。
↑まったくもって君の事ですね(笑)
スポンサーサイト
2009-01-30 Fri | ドラマ | TrackBack:0 | Comment:2 | Top↑
fusa
クロくまさん…
私が感じていた事、見事なまでに言葉に
してくれるんだもん。
読んでて、鳥肌たっちゃった~!!!

本来、一番憎むべき相手は「父親」の
はずなんですよね。
でも、それが出来ない。
父親であるがゆえ…
親子って…血って…
なんなんだろうって考える。
憎んでも憎みきる事が出来ない風太郎の
苦悩。
見ていて辛すぎる場面でした。

幸せだった思い出があっただけに
余計に彼を苦しめる。
封印したはずのモノが、再び呼び起こ
された時のあの表情…
見事でした。

憎むものを「父親」から「お金」に
摩り替えて、生きていくのがやっと
だったんでしょう…

ケンさんは「表情で魅せる役者」
ホントにそうですね。

それにしても、松ファンにとっては
サービス・ショットの多いこと!!!
私の場合は、ちょっとズレてるので(?!)
フェチ目線の「乾いた唇」や「作業着」に
毎回狂わんばかり…なんですけど~(汗…)

私は、あの風太郎のツメの甘さは、単なる
あまり賢い人間じゃないのか?とか…
それとも心のどこかでは「こんな俺を早く
誰か止めてくれ…」という思いがあるのか…
とか、思ってしまったのですが。
あまりにもすぐに足が付きそうな、軽率な
行動が多すぎって感じがして。

見返す度に、いろんな思いがどんどん膨ら
んでくる深い作品ですね。
今後の展開が、楽しみで仕方が無いです~!


2009-02-02 Mon 00:04 URL [ Edit ]
ゆりい
クロくまさん☆お久しぶりです~(^O^)

銭ゲバ見て本当に改めて『俳優 松山ケンイチ』の魅力にドップリですヽ(*´з`*)/
松ケンの繊細な表情の変化、本当に素敵すぎます…

でもでもでも…

あたしはシャワーシーンもだけどアカネという名前で生まれてきたかったです!!!笑
あのキスのアングル(背後からのキス)が個人的にヤバすぎでした!!
2009-02-03 Tue 01:08 URL [ Edit ]
Secret

TrackBackURL
→ http://kurokumajp.blog110.fc2.com/tb.php/427-3e97c7ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。